たるみ治療するなら|クリニックで完璧な対応可能

傷を残さず多汗症を治す

腕を上げる女性

ミラドライとは、傷跡を残さず多汗症を治療する方法です。マイクロ波をあてることで、汗腺を破壊し、脇の汗とにおいが出なくなるようにします。マイクロ波は水分に反応して熱を起こす性質があり、脇に照射すると水分の多い汗腺のみに反応してほかの部分にはほとんど影響しません。局所麻酔と患部を冷やしながら行うことで痛みや熱感もほとんどありません。また、破壊された汗腺は復活しないので、半永久的に効果が持続します。ヒアルロン注射やボトックス注射など、切らない整形はどんどん人気が高まっています。リスクのある効果的な手術よりも、リスクの少ない穏やかな効果の手術が選ばれる傾向が続いています。ミラドライはリスクの少なさと効果の高さを併せ持つので、今後はますます人気が出てくるでしょう。

ミラドライは多汗症の治療には非常に効果が高く、半永久的に効果が持続するうえ、本人の負担が少ないというメリットがあります。ですが手足には使えません。というのも、手足ではマイクロ波が汗腺以外の部分に反応してしまうのです。そのため、手足にはボトックス注射など他の方法が有効です。また、ミラドライは照射の強さを変えることで浅い部分にある汗腺だけ破壊したり、深い部分の汗腺も破壊したりと調整が可能です。浅い部分だとリスクは少なくなりますが効果も穏やかになります。深い部分も破壊すると効果は高くなりますが費用やリスクも多少上がります。本人の希望も含めて医師と相談のうえ決めましょう。こうしたアレンジの効くところもミラドライの魅力といえます。

Copyright © 2016 たるみ治療するなら|クリニックで完璧な対応可能 All Rights Reserved.